NFLのチケットの購入方法として、シーズンチケットを買う点について前回説明しましたが、今回は一般発売の購入方法です。日本のファンがチケットを手にするには、一般発売か次回説明する転売チケットの購入が一番現実的と言えます。

まず発売開始日ですが、どのチームの公式サイトも現時点で未定とあります。スティーラーズの公式サイトでは、6月25日より発売とありますが、昨年の発売案内がそのまま残っていただけでした。しかし昨年6月末の発売だったのなら、今年もその辺りと考えてよいでしょう。どのチームも通常7月上旬から8月上旬に一般発売開始します。必ず土曜日を選ぶチームもあれば、平日を選ぶチームもありますが、どこも共通してチームの現地時間で午前10時発売開始のようです。発表があり次第、ご紹介していきたいと思います。

チケット発売日については、各チーム公式サイトの「Tickets」のページで「Single Game Tickets」や「 Individual Game Tickets」 のコーナーを探せば記載があります。ベンガルズやレイダースなど、そのページからメール登録すれば、チームから発売日の連絡を受けることも可能です。メール登録者やシーズンチケットキャンセル待ちのファンには、先行発売の案内を出すチームもあります。チームの公式サイトには何も発表されていませんが、NFLの単独公式チケット業者である Ticketmaster.comでは、ビルズのホームゲームのチケットが7月10日より、レイブンズのホームゲームのチケットが7月20日より発売開始と記載されています。

セインツはシーズンチケットだけでスタジアムが完売らしく、一般発売はなし、とチーム公式サイトに記載されています。しかし通常どのチームも、ビジターチームがファンや得意先用に販売できるよう、ある程度の座席の余裕を確保してあります。この座席が売れ残った場合、試合直前に購入可能になることもあります。

レイダースの公式サイトには、凄い特典のプロモーションが紹介されています。9月25日の対ジェッツ戦と10月2日の対ペイトリオッツ戦に限り、チケット1枚分の値段で2枚購入可能だそうです。今のところプロモーションの記載しかなく、実際にはまだチケット購入できないようですが、ファンなら見逃せません。 5月23日現在チーム公式サイトを確認したところ、このプロモーションのページは消失しています。

ブロンコスの公式サイトには、半額チケットの購入に関する記載があります。各ホームゲームとも、2,000席に限り正規価格の半額で購入可能だそうです。しかしチケットは転売不可。当日スタジアムでの受け渡しのみ。受け渡し後、スタジアムの外へは出られないことになっています。スタジアム運営に関する地方自治体の条例によるもので、恐らく低所得の納税者にも恩恵が与えられるように配慮されたものと思われます。

チケットの値段ですが、意外と良心的です。特に円高が続く日本人から見ると、この金額でNFLの試合が見れるなら儲けものと思うはずです。もちろんチームによりますが、一般発売分の一番安い席で35ドル程度。一番高い席でも300ドルぐらいです。アメフトのスタジアムで特等席と言われるのが、クラブレベル(大抵200番台の席)という最前列セクション(100番台の席)の後方、VIPスイートの下のレベルで、シーズンチケットでしか購入できないチームもあります。座席の値段はフィールドの真ん中の50ヤードラインに近づくほど高くなります。

座席の選択は個人の好みによりますが、前の方だと選手が近くに見えますが、試合全体の動きが分かりにくい難点があります。100番台の座席を買っていなくても、試合前の練習中は前方座席エリアに入れてくれるスタジアムもありますが、そうでないところもあります。試合前も含めてどうしても選手を近くで見たい、というのであればやはり100番台の座席がお奨めです。

Ticketmasterでの購入方法ですが、購入前にアカウントを作成し、ログインした状態で購入手続きを済ませると便利です。購入過程でアカウントは必須、各購入過程には○分で済ませるように、との時間制限があり、慌てて作成すると間違いの元です。

アカウント作成には、サイト右上のSign Inをクリックして、以下を記入しクリックすれば完了です。

  • 名前を記入(ファーストネームのみ)
  • メールアドレスを記入
  • メールアドレスを再度記入
  • パスワードを記入
  • パスワードを再度記入
  • 居住国(Otherを選択)

チケット発売開始日には、上記のメールアドレスとパスワードを使用しログインした状態で始めると手間が省けます。注文手順は、

  1. 見たい試合を選択する
  2. 希望のセクションを座席表でクリックする
  3. 購入可能な座席から希望の席を選んでクリックする
  4. チェックアウトに進む
  5. セキュリティ用に表示される文字をタイプする
  6. 注文内容を確認する
  7. 配送方法を選択する(米国外からの注文はスタジアムでの受け取りのみ選択可能)
  8. アカウントを作成する(ここで作成せず予め作成し、ログインしておくとよい)
  9. クレジットカードの名義、カード登録住所、郵便番号、国名、電話番号を記入する
    (チケットのイベント保険を購入するかしないかを表記する、しない人が多い)
    Submit Order で発注完了

開始時刻と同時に購入ページに入るか、ページをリフレッシュすると、待機状態(More Info – Currently not on sale)から購入可能状態(Find Tickets)へ更新します。大勢の人が一斉にサーバーにアクセスするため、中々チケット座席選択画面に入れず、待ち時間表示されるのが普通です。ブラウザーを複数立ち上げて何度もトライしてやっと座席選択画面に入れた、と思ったら連席なしやら、売り切れの場合も珍しくありません。人気チームの好カードの場合、座席を選ぶ余裕はほとんどなく、一般発売チケットも発売開始10分足らずで即売り切れます。

感覚的には、一般発売の場合、希望の試合で希望の席を買えたら超ラッキー。大抵、席はいまいちだけど希望の試合が取れた、あるいは希望の試合はとれなかったけど席はいいのが取れた、いずれにせよ定価で買えたからラッキー、ということになります。

見たい試合が売り切れの場合、またはどうしても希望の試合を希望の座席で見たい、という場合は転売チケットを購入するしかありません。そちらは次回に。

(注)4月22日時点でチームの公式サイトとTicketmasterで確認した内容を元に記載していますが、以後、変更される可能性もあります。チームともTicketmasterとも提携しておりませんので、チケットを購入される場合は、必ずご自身でご確認の上お願いします。ご質問がある場合、お問い合わせくだされば、分かる範囲でお答えすることは可能です。

2 Comments

  • 毛阪一洋 より:

    TicketmasterでSign Inしたいのですが、居住国にOthersが存在せず、どうしてもSIgn Inを完了できません。どうすればよいのでしょうか?

    • admin より:

      アカウントを作るフリをしてみましたが、Country of Residenceの選択肢の一番最後にやっぱりOtherが出てきます。もしかして画面表示上、一番最後の行が見えなくなっているのでしょうか?PCならモニターの解像度を上げてみると見えるかもしれません。それ以外は同じエラーが再現できないので、残念ながら何ともアドバイスのしようがありません。