来年1月26日に開催されるプロボウルのチーム編成はドラフト形式になる見込みだ。

ESPNのアダム・シェフターが関係者の話によると、殿堂入りの元選手であるCBディオン・サンダースとWRジェリー・ライスがキャプテンとなり、それぞれのチームに所属する43人の選手を所属カンファレンスに捕らわれずに指名する。

これまでAFC対NFCの対戦形式が取られてきたが、来年のプロボウルはチーム・ディオン対チーム・ライスの対戦となる。言い換えると、サンダースとライスがファンや選手の投票で選出された選手を使って行うファンタジー・フットボールだ。

既にNHLが同じような形でオールスター戦を開催しており、指名プロセス自体が試合に勝らずとも劣らない見どころとなっている。

また、来年のプロボウルからキックオフが廃止される。

近年プロボウルの試合の質低下が指摘されており、将来的な存続に向け、リーグは選手会の協力も得て新しいアイデアを模索してきた。

Comments are closed.