正式発表はまだながら、すでに決定と伝えられている各チームの新監督採用状況のまとめ。

ジェッツ

  • カーディナルスのトッド・ボウルス・ディフェンスコーディネーター(DC)が新監督に。
  • オフェンスコーディネーター(OC)は元ビルズ監督のチャン・ゲイリーの見込み。

レイダース

  • ブロンコスのジャック・デルリオDCが新監督に。

49ers

  • ジム・トムスラ・ディフェンスラインコーチが監督へ昇格。

ビルズはレックス・ライアン(元ジェッツ監督)が新監督に就任し、14日に就任記者会見を行った。OCには元49ersのOCグレッグ・ローマンが就任。DCにはジェッツのデニス・サーマンDCが就任する見込み。

現時点で新監督が未定のチームはベアーズ、ブロンコス、ファルコンズの3チーム。

ベアーズは13日、元ビルズ監督のダグ・マローン、現ライオンズDCのテリル・オースティンと面接。14日には元ブロンコス監督のジョン・フォックスと面接予定。

ブロンコスはシーホークスのダン・クインDC、レイブンズのゲリー・クビアクOC、レイブンズのリック・デニソンQBコーチ、ライオンズのオースティンDCに興味。QBペイトン・マニングと懇意のアダム・ゲースOCは49ersの監督に採用されず、次期監督の候補者の一人として残っている。

ファルコンズはボウルスDCがジェッツの新監督に決まり、現時点での最有力候補はシーホークスのクインDCに。ブロンコスも興味を示しているが、クインDC自身は監督空席チームの中ではファルコンズを最も好んでいるとNBCが伝えている。

Comments are closed.