49ersは10日、RBトラバリス・カデットと契約し、3日に契約したばかりのRBピエール・トーマスを解雇した。

カデットとトーマスは昨季までの3年間、セインツでチームメイトだった。カデットは昨季いっぱいでセインツとの契約が満了。2年契約でペイトリオッツへ移籍したが、ほとんど出番がないまま9月末には解雇され、所属チームがなかった。今季でプロ入り4年目ながら、キャリア通算キャリー11回、37ヤード。タッチダウンの記録はない。

トーマスは昨季、限られた出場機会でキャリー平均4.9ヤードの好成績を残したが、3月上旬にセインツから解雇。オフシーズンにテキサンズからのオファーを拒否した後、開幕後も所属チームがなかった。今月3日に49ersと契約すると、第9週のファルコンズ戦に出場。しかし、キャリー4回で12ヤードを記録したのみだった。

49ersは先発のカルロス・ハイドが足を骨折中。2番手のレジー・ブッシュはMCL断裂ですでに故障者リスト入り。RBの故障が相次いでおり、補強に奔走中だ。

Comments are closed.