このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_buzz` not found]
LINEで送る

パッカーズは18日、チーフスとのトレードでRBナイル・デービスを獲得した。トレードの代償として、2018年のドラフト7巡指名権(条件付き)をチーフスへ引き渡す。

パッカーズはRBエディ・レイシーが足首を負傷中。2番手RBのジェームス・スタークスが11日の練習で膝を負傷したため、第6週のカウボーイズ戦には故障をおして出場したが、キャリー17回で65ヤードに終わり、チームは30-16で敗れた。

スタークスはカウボーイズ戦当日に手術を受けたため、試合には出場できず。パッカーズは2番手RBとしてWRタイ・モンゴメリーを起用する羽目となった。

パッカーズの次戦は中3日のサーズデーナイト戦。ホームに同地区ライバルのベアーズを迎えて対戦する。3週間程度の離脱が見込まれているスタークスに加え、18日にはレイシーも数週間の離脱を強いられると報道され、RBの補強は急務となっていた。

一方、チーフスは2015年10月に右膝のACLを断裂したRBジャマール・チャールスが第4週のスティーラーズ戦から徐々に復帰。先発復帰間近と見られている。

チャールス離脱中はRBスペンサー・ウェアとRBチャキャンドリック・ウエストを併用。3番手のデービスは今季、キックオフのリターナーとして以外はほとんど出番がなく、5試合終了時点でキャリー1回、マイナス2ヤード、レシーブ2回、14ヤードに留まっていた。

コメントを残す